« Daily Oregraph: 2011-03-12 地球はやさしくない | Main | Daily Oregraph: 2011-03-14 問題だらけ »

March 13, 2011

Daily Oregraph: 2011-03-13 津波のあと

110313wport01
 通行止めが解除になったので、さっそく西港へ向かった。

 まずは会社の車の状態を確認すると、意外にもまったく被害を受けていなかった。路面を見るとわかるように、車の付近は乾いているから、水は寸前で止まったか、来たとしてもせいぜいタイヤの下部まで達したにすぎないようだ。

 会社からわずか200mほど離れた通りに車を移動させておいたのは好判断だった……というよりも奇跡に近いといったほうがいいかもしれない。一昨日ぼくが待機していた緑地帯は、ここからさらに数百メートル離れていたのに、目の前の道路が完全に水没したからである。水の流れ方はとても予測がつかないようだ。

110313wport02

 会社の玄関前には、プレハブの倉庫事務所がそっくり流れ着いていた。ここに車を置きっぱなしにしていたら、やはり流されていたはずである。

 つづいて倉庫を点検すると、庫前に設置した防潮用の鉄板が威力を発揮し、倉庫内への水の侵入は最小限に抑えられていた。3区画のうちふたつはほとんど被害がなく、浸水が見られたのは1区画だけであった。しかも水が達したのは倉庫の中央付近までにとどまり、深さも数センチほどにすぎなかったから、貨物の損害は予想をはるかに下回るものだった。まさに幸運である。

110313wport03

 作業員の方といっしょに庫内の排水を一通りすませると、プレハブ移動作業がはじまった。長年おつきあいのある運送会社のみなさんが段取りしてくださったのだが、その手際のよさには目を見張るものがあった。

 作業は無事進行して、プレハブはもとの倉庫前におさまった。感謝。プレハブ事務所の電力・電話の復旧は明日行うこととした。

 やれやれと胸をなでおろし、つづいてもうひとつ気になることを確かめに第3埠頭へ向かった。修理のために緊急入港し、第4埠頭に接岸した中国のコンテナ船が、津波によりロープが切れたため漂流したことを耳にしていたからである。

 倉庫の前からは船が見えなかったので、たまたま通りかかったお隣の会社の作業員の方にお聞きしたところ、現在は港口付近にアンカーしているという。それを確認するには第3埠頭が最適と判断したのだ。

110313wport04

 う~む、これはあまりよろしくない。航路を一部ふさいでいるように見えるからだ。しかもこれでは第4埠頭(写真右側に見える)がまともに使えないだろう。

110313wport05

 左舷のアンカーを打っているのがわかるけれど、状況を教えてくださった作業員の方のお話では両舷とも投錨しているとのこと。この位置に落ち着くまであちこち接触して、(たぶん第4埠頭の)フェンダーにも損傷を与えたようだという。

 もちろん漂流よりははるかにマシだが、船体はこのまま動かないわけではない。風向き次第でアンカーを中心として振れ回るから、他船の入出港に大きな影響を与えることは確実である。この船は現在エンジンを使えぬ状態なので、これからどうするのか、仕事柄おおいに気になるところだが、情報収集は明日からになる。

 東北ほどの大被害は受けなかったものの、当地方も無傷ではすまなかった。浜中のウニ、厚岸のカキは養殖施設が壊滅的打撃をこうむったらしい。市内では水面貯木場から木材が川に流出し、現在回収作業に追われている。屋内に浸水した事業所などもあるだろうし、しばらくの間は多くの人々が後始末に追われることはまちがいない。

(RICOH CX2)

【2011-3-14 追記】

 写真の港口付近にアンカーしていた船は、昨13日夜第4埠頭南側岸壁にふたたび接岸した。準備に取りかかってから完了するまでに、なんと約12時間を要する難作業であったという。

 この種の情報は早めに更新する必要があるので追記しておく。

|

« Daily Oregraph: 2011-03-12 地球はやさしくない | Main | Daily Oregraph: 2011-03-14 問題だらけ »

Comments

ご心配をおかけしております。
本当に大変なことになってしまいました。
さきほどとりあえず父と兄の安否だけは確認できました。
しかし、多くの親族の安否は未だ確認できていません。
まだまだ安心できる状況ではないようです。

思うことは、津波における被害の状況が甚だしいのに対して、地震の揺れにおけれ被害の少なさ・・・震度7といったら大概のものであるはずなのに・・・

津波の被害に目が行ってそちらに目が行かないのか、それとも本当に揺れでの被害が少なかったのか・・・・
後者を期待しますが・・・

Posted by: 三友亭主人 | March 13, 2011 at 22:43

>三友亭さん

 まずは一安心されたことと存じますが、安否が確認できるまではさぞご心配だったでしょう。ご親戚のみなさまのご無事をお祈りいたします。

 大変な事態です。ネットでアメリカの新聞社サイトの見出しだけを読みましたが、トップ扱いです。「第二次大戦以降最大の危機」など。

 これからは被災地以外でも物資不足などの影響がじわじわ現れてくるかもしれません。総力戦ですね。

Posted by: 薄氷堂 | March 13, 2011 at 22:57

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-03-12 地球はやさしくない | Main | Daily Oregraph: 2011-03-14 問題だらけ »