« Daily Oregraph: 2011-02-13 雪のあと | Main | Daily Oregraph: 2011-02-15 日は西に »

February 14, 2011

Daily Oregraph: 2011-02-14 スリップ注意

110214wport
 港湾部へ行った帰り道になんとか今日の一日一枚を撮るつもりで、いつもとはコースを変え、日の当たらぬ裏道を通ったとお思いいただきたい。

 実用一点張りの港湾地域だから、絵になる景色なんてめったにあるわけはないけれど、このへんなどは一種の機能美を感じないでもないなあ……と、ゲージツ至上主義者のぼくがシャッターを切った直後のことである。

 凍結した道路に足を取られてみごとに転倒、したたか右のすねを氷に打ちつけたのであった。とっさにカメラをかばったのは、骨を折ってもカメラは壊すな(笑)という家訓を守ったからである。実際危ないところであった。

 ズボンを見ると赤っぽいシミが点々とにじんでいるが、肥料かなにかの融けたものだろう、だから港はきたなくていやなんだ、と思いつつ立ち上がり、たいして痛みも感じないまま事務所に戻ったのである。

 事務所のドアを開けながら、ふとズボンを見ると、赤いシミがずいぶん広がっている。肥料じゃないよ、これは血だよ。流血の惨事ですよ。出血多量で死ぬんじゃないかと目の前が真っ暗になった。

 みなさまも凍結路面にはぜひお気をつけいただきたい。酔いざましに春採湖畔を走って三周するという、釧路マラソンクラブの猛者もいらっしゃるようだが、実に危ない。ボッキリ骨を折るだけですめばよいが、ヘタをすると一命にかかわるのではないか。ねえ、スコップさん。

(RICOH CX2)

|

« Daily Oregraph: 2011-02-13 雪のあと | Main | Daily Oregraph: 2011-02-15 日は西に »

Comments

それは大変なことでしたね。
さっそく強いアルコールで消毒しなくっちゃ。

・・・わざわざ今日消毒しなくとも、毎日毎日消毒しているか・・・

Posted by: 三友亭主人 | February 14, 2011 at 22:03

>三友亭さん

 外側の傷ですからねえ、いくら飲んでも効き目はないんじゃなかろうかと……

 そういえば、昔時代劇映画で、口に含んだ焼酎(酒?)を傷に吹きつける場面を見た覚えがあります。

 しかしもったいなくてそんなことはできません(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | February 14, 2011 at 22:15

Valentine's Day でしたよね。友人からチョコレートフレーバーの辛口なビールをいただきました。香りを嗅いで味覚が錯覚を覚え、割とドライなのに甘味があるように感じたりしました。人間の感覚って当てにならないものですね。
チョコレート生ケーキを家族で奪い合って食べました。美味しかったけど、夫は足りなかったのか、コーヒーLiqueurに牛乳を入れて飲んでいました。今年はこじんまり家族で愉しみました。テスト期間中の娘が、今年は猛勉強していたため、期待していたケーキを焼く匂いが家の中になくて・・・つまりは家族の口にも入らず・・・テスト明けに何か作ってくれるのだそうな。
薄氷堂さんは今頃、チョコの食べすぎで鼻血出して寝込んでいるのでは・・・???

Posted by: ありす | February 14, 2011 at 23:55

>ありすさん

 え~、私といたしましては Ballantine's Day のほうが好みなんですが、勉強中の娘さんにスコッチを差し上げるわけにはいきませんね(笑)。

 でもね、テスト明けには労をねぎらってぜひ一杯。

Posted by: 薄氷堂 | February 15, 2011 at 18:50

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-02-13 雪のあと | Main | Daily Oregraph: 2011-02-15 日は西に »