Main | Daily Oregraph: 2011-01-02 散歩未満 »

January 01, 2011

Daily Oregraph: 2011-01-01 光を信じて

110101snow_2
 2011年元旦。雪がちらついている。しかしシュトーレンにまぶした砂糖くらいの積雪だから、新年早々雪かきしなくてもすむのはめでたい。

 21世紀も一割が夢のように過ぎ去り、われながらよくこれまで生きてきたものだと思う。人生八十年などとノンキなことをいう人もいるが、周囲を見渡せば、えっ、あの人があの若さで? ということはいくらでもある。

 まさに無常迅速、メメント・モリ。寿命の保障などどこにもない。特に男性が八十まで生きるのはきわめて困難というのが実感である。人間五十年というのは昔の基準だから、ちょっと補正して六十年、あとはおまけと考えて生きたほうが気楽でいいんじゃないだろうか。

 2011年……ぼくにとっては輝かしいおまけ人生スタートの年である。酔っ払って生き、夢のように死ぬのが理想なれど(笑)、さてあと何年飲みつづけることができるだろうか。

110101osechi

 元日はあまり出歩かぬものというのが日本国の伝統らしいから、今日はおとなしくしていよう。おせちをつまみながら一杯というのがよさそうだ。

110101zoni

 雑煮の餅はふたつ。若いころの半分以下である。それでも一向に体重が減らないのは、いわゆる基礎代謝量が減っているからだろう。

 しかしこれも自然の摂理である。爺の大食いはいかにもみっともないから、これでいいのだ。

 -おじいちゃん、食べ過ぎちゃダメよ。見てよ、そのお腹。いやねえ、まったく。

 -花子や、せめて焼酎をもう一杯。

 -ダメ、ダメ、調子に乗っちゃ。アルコールだってカロリーあるんだから。

 正月からめでたさ中くらい、坊さんの説教みたいな話になってしまったけれど、こんなものだよ人生は……という調子で今年も駄文を書き続けるつもりなので、マイナーなブログではあるが、たまにはごらんいただければ幸いである。

 年頭にあたり、ぼく以外の(笑)爺さん婆さんの長寿と、まだ基準年齢に達していないおじさんおばさんのご健康、そして若者の幸福を切にお祈りしたい。

 あ、雪がやんで日が射してきた。暗い世の中にも必ず一筋の光は射しこむものと信じよう。

(Nikon D80 + Tamron A09)

|

Main | Daily Oregraph: 2011-01-02 散歩未満 »

Comments

明けましておめでとうございます。
昨年中はいろいろと楽しませて頂きました。

今年も充分に楽しませて頂くつもりですので・・・御覚悟を・・・

Posted by: 三友亭主人 | January 01, 2011 at 19:39

>三友亭さん

 おめでとうございます。今年もどうかよろしくおつきあいのほどお願いいたします。

 なにしろ老いぼれのこととて(笑)、どうかお手柔らかに。

Posted by: 薄氷堂 | January 01, 2011 at 20:37

雑煮の餅は四角か丸か・・・
って、論争した事ありませんでしたか?京都で。

学生時代のサークルの運営委員会で煮詰まっちゃって、思わず長野出身の奴が、「雑煮の餅の丸い所の連中とは、やってらんね〜よ!」と啖呵を切りましたら、高松出身の奴が、「うちとこの雑煮は、丸餅の中にあんこが入っとるけど!」・・・
思わず東日本勢は絶句。その後、爆笑!
見事に運営委員会は丸く納まりました。ちゃんちゃん

Posted by: アナログ熊さん | January 01, 2011 at 22:43

あははは 丸餅の中に餡がはいっているお雑煮の話題、ちょうど私も自分のブログに書いたところでした。ここでもその話題・・・! もうひとつ、わたしが驚いたのは、イクラを熱い出汁の中に入れるお雑煮・・・! 生臭くなんないのかしらん。イメージができません。

 ところで、新年早々、わびしいおじいちゃんのつびやきでしたね。でも、大丈夫、生きているから。そして、生きているうちだけが花なのよ、死んだらそれまでよ。だから、明日も生きて美味しくお酒が飲める程度に元気で居ましょう。

Posted by: ありす | January 02, 2011 at 01:55

>アナログ熊さん

 なるほど高松出身者がその場を丸く収めたというわけですね。そこで香川県を讃える狂歌一首。

  会議には讃岐の雑煮食らふべし
  丸き餅にはアン(案)がぎつしり

             薄氷堂

 サークルだけに餅は丸いのがよろしいようで(笑)。

 そういえば、ぼくは関西の雑煮を食べたことがありません。餅はやっぱり四角だよね(と本音が……)。

>ありすさん

 うまそうなおせち料理の記事を拝見しました。

 そうですね、死んだらそれきり。そこがいいところ。ビックバンのなれの果てが宇宙に還るだけの話ですね。

 さて酒が飲めるから元気なのか、元気だから酒が飲めるのかわかりませんけど、今夜もまた。

Posted by: 薄氷堂 | January 02, 2011 at 18:50

The comments to this entry are closed.

Main | Daily Oregraph: 2011-01-02 散歩未満 »