« Daily Oregraph: 京都通信員写真だより 上京区路地編 | Main | Daily Oregraph: 2011-01-19 完全なる休日 »

January 18, 2011

Daily Oregraph: 2011-01-18 寒さひと休み

110118typewriter
 昨日も割と暖かかったけれど、今朝も最低気温-8.5度と、さほど寒さを感じなかった。事務所には朝から強烈な光が射しこんでいた。

 だからといって春が来たわけではもちろんなく(笑)、これから一年で一番寒い時期を迎える。世の中そう甘くはないということだ。

 散歩の回数も距離もすっかり減って、やたらと体重が増えるのだからやりきれない。体を使わぬ分だけ頭を使えばいいのだが、すっかり怠けぐせがついて、日に日にバカになっていくような気がする。

 青空文庫に子規の『病牀六尺』が公開されていたので、今日から読みはじめることにした。精神に少し活を入れるつもりである。

(Canon IXY 30S)

|

« Daily Oregraph: 京都通信員写真だより 上京区路地編 | Main | Daily Oregraph: 2011-01-19 完全なる休日 »

Comments

「病牀六尺」ですか・・・
かなり前に読んだことがあるような、ないような・・・

まあ、たぶん読んだのでしょう。なんてたって私の好きな万葉集は彼のおかげで人気を盛り返したのですから。

Posted by: 三友亭主人 | January 18, 2011 at 23:00

>最低気温-8.5度と、さほど寒さを感じなかった。

 本州以南の方々が見たら驚くようなコメントですねーーー

Posted by: ありす | January 19, 2011 at 01:24

>三友亭さん

 子規は万葉集びいきのあまり、古今集以下をボロクソに評していますね。

 なにもあそこまで悪くいわなくたって……と思わないでもありませんが、やはり明治の快男児のひとりでしょう。随筆も実におもしろいです。

>ありすさん

 いったん体が寒さに慣れてしまうと、-8度くらい平気になりますね。

 記憶ちがいでなければ、北欧では-20度でも赤ん坊を外に連れ出して太陽にあてるそうな。

 昔南極越冬隊の記録を読んだら、(これまた記憶が正しければ)-20度台の日には「今日は暖かい」と感じたそうですよ。

Posted by: 薄氷堂 | January 19, 2011 at 21:10

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 京都通信員写真だより 上京区路地編 | Main | Daily Oregraph: 2011-01-19 完全なる休日 »