April 29, 2017

大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (3)

Cimg2730
 一般人が卸売市場に入りこんでもかまわないのだろうか? 遠慮しながらおずおずと入ってみると、ほとんど人気がない。そうか、卸売市場は早朝が勝負である。ちょうどじゃまにならぬ時間でよかった。

Cimg2732 
 しばらく進むと、前方が急に明るくなった。はてな?

Cimg2735 
 えっ、鶴橋卸売市場協同組合?

Cimg2736 
 そうか、ここは本来の卸売市場機能を果たす場所と、一般向けの小売り商店街の二つに分れているのか。一般向けの出入口はこちらなのだろう。

 お気づきになった方がおいでかどうかは知らないけれど、実は前回の記事中、最後から三枚目の写真を拡大して見ると、

Cimg2724b 
看板には「鶴橋卸売市場」の文字があったのである。つまりぼくはいつの間にか「つるしん」から卸売市場の商店街に迷い込んでいたわけだ。両者はどこかで連絡しているらしいのだが、ぼくはあとで写真を見直すまで気づかなかったのである。

Cimg2739 
 さっき抜けてきた暗い通路がまるでウソのようなにぎわいである。

Cimg2742 
 またもやウロウロしているうちにさしかかった、衣料品店と八百屋さんが向い合せのこの場所は……おや、「鶴橋市場 中央会」とあるから、別の商店街らしい。おいおい(笑)。

Cimg2745 
 ……と思う間もなく、今度は「中央商店会」とは、いったいどうなっているんだろう?

 「つるしん」だけでも迷子になりそうだというのに、ほかにいくつかの商店街が一緒につながっているんだから、まるでわけがわからない。それこそ学芸員を配置すべき場所ではないか。

Cimg2748 
 すっかり頭が混乱したので駅へ向おうとして時計を見ると、すでに12時50分。さすがに腹が減ったところに、立ち食いうどんの暖簾が……

Cimg2751_2
 実はぼくは大阪でうどんを食べるのはこれが初めて。初経験は鶴橋のキツネうどん、三百円也。

 われながら安上がりな男だと思うが、大きな油揚がのっかっていて、ふつうにうまかった。「孤独のグルメ」のセリフじゃないが、こういうのでいいんだよ、おれは。

Cimg2750 
 立ち食いうどんのお店で目にしたのがこれ。缶ビール260円は安いよなあ。宣伝文句もやさしさに溢れている。

 しかしご自身へのご褒美は遠慮しておいた。このあともう一箇所歩かねばならないからである。

 鶴橋よ、見ておれ。きっといつかこの迷路を制覇してやるとも。

(「京橋編」につづく)

| | Comments (0)

April 28, 2017

大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (2)

Cimg2699
 ちょっと通路の狭い商店街かな……最初はそう思った。ふうん、案外洒落た感じじゃないか。

Cimg2702 
 あとで思えば、どうやら扱う商品によって住み分けがあるらしい。衣料品は不得意とするところだから、どんどん先へ進むと、

Cimg2703 
 やがてキムチの提灯とともに雰囲気は一変する。

Cimg2707 
 チヂミ、韓国のり巻。なるほどここは朝鮮半島文化が優勢らしい。

 写真を見直して気づいたのだが、正面奥のおっちゃん二人は昼前からビールを一杯やっているようだ。うらやましい。

Cimg2710 
 知らぬうちに青空の下に出た。左側のお店では、ベンチに腰かけてチヂミを食べられるのである。 おばちゃん、うまそうですなあ。

Cimg2711 
 この場所には案内地図があったけれど、一度見たって、とても覚えきれるようなものではない。

 どうやら東西南北にいくつかの「班」に分れているらしい。地図を見るかぎりでは「迷宮」とはちと大げさなのだが、アーケードの中では方角の見当がつきにくいから、初心者泣かせであることはまちがいない。

 次回は印刷された案内図を手に歩こうと、かたく心に誓ったのであった(笑)。それでも何度か通わねば「つるしん」の達人にはなれないだろう。

Cimg2712 
 ふたたびアーケード内に入る。

 ぼくはあまりキムチは得意ではないけれど、この色彩は鮮やかでいい。

Cimg2713 
 すてきな笑顔のおばちゃん、何も買わんと冷かしで、ほんまに申し訳ありまへん。堪忍してや。

Cimg2714 
 こちらは魚屋さんに八百屋さん。

Cimg2715 
 店先には見たことのない品も並んでいる。

Cimg2722 
 おもちゃ屋さんもある。キムチとチヂミのあとに見ると、いささか異質なものが出現したようだ。

 お隣の菓子屋さんの看板がまたいい。かなりの歴史を感じさせる。

Cimg2724 
 昭和に生まれ育った男にとっては、記憶の奥底を揺すぶられるような景色である。

 ツンと澄ました高層ビルやのっぺらした巨大商業施設には、貧乏人を見下したような傲慢さと一種の敵意さえ感じるから、ジジイの居場所はない。ここなら冴えないおっさんがウロウロ歩いていても景色に溶けこんでしまうから、なつかしい場所に帰ってきたような心地がする。

Cimg2728 
 どこをどう歩いたのかさっぱりわからぬまま、大きな通りに出た。たぶん「つるしん」の半分も見ていないと思う。

Cimg2729 
 ふうん、鶴橋卸売市場か……なんだか平凡でつまらなそうな建物である(今思えば、たぶん外側だけ補修したのだろう)。どうしようか迷ったけれど、思い切って入ってみることにした。

 なんとここも見かけと中身は大ちがい、第二の迷宮といってもいい場所なのであった。鶴橋恐るべし。

(つづく)

| | Comments (2)

April 27, 2017

Daily Oregraph: 豚丼を食う

170427_01
 本日は150回以上もシャッターを切ったのだが、この一枚を除き、すべて色気のない仕事の写真ばかり。他人の昼飯などどうでもいいとは思うが、せっかく撮ったんだから、利用しない手はない。

 人生の大問題でもあるまいに、チャーハンとラーメンのセットにしようか、それとも豚丼とうどんのセットにしようか、おおいに迷っていると、同席のSさんがぼくの腹の出具合を心配してくださって、

 -セットはおやめなさい。きっと満腹して眠くなるから。

 なるほどごもっとも。そこで素直にご忠告に従って(われながらえらい!)、お店おすすめの豚丼に決定。せっかく十勝に来たんだから、豚丼は悪い選択ではあるまい。

 ごらんのとおり、このお店の豚丼は、いかにもという濃厚な味付けではない。見かけどおり、どちらかといえばあっさり系である。しかしこれはこれで、ほのぼのとした味わい、おいしくいただいた。量もほどよく、Sさんのご忠告を尊重したおかげで、午後の仕事も居眠りせずに勤めることができた。

 さてこの機会に一言。万一ミサイルが飛んできたって、けっして丼を手から離してはいけない。政府のたわけた宣伝を盲信して地べたに伏すも、しぶとく豚丼を食いつづけるも、命中すれば結果は同じ。ハハ、呑気だねえ。

| | Comments (0)

April 25, 2017

大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (1)

Cimg2683 
 JR鶴橋駅を出ると、目の前に鶴橋駅前商店会の看板が見えたので、素直に通りを渡り、

Cimg2685
ブラブラと歩きはじめた。

Cimg2687 
 へえ、歩いてまっせ。最初から自転車はありまへんけど(笑)。

Cimg2688 
 税込み50円ショップ。これにはビックリした。ここは21世紀じゃないぞ。ほんとうに商売になるのかしら?

 おもしろそうなものがたくさん並んでいるので、じっくり見たかったけれど、時間があまりないから、それは次の機会にゆずることにした(また訪れる気になっている(笑))。

Cimg2690 
 この一角、昭和がそっくり残っている。ジーンと胸が熱くなった。

 しかし……ずいぶん人通りが少ない。鶴橋ってこんなところだっけ? と少々疑問を感じながら先へ進むと、

Cimg2691 
なになに、「玉造 日之出通」とな……えっ、玉造?

 どうやら方向をまちがったらしい。西も東もわからないとはこのことで、ぼくは駅の西側をウロウロしていたようだ。

 だが、ここはここで味があるから、十分再訪に値すると思う。日之出通も見物したいしなあ。

Cimg2696 
 ふたたび駅前に戻ってキョロキョロしていると、

Cimg2697 
通りの向こうに「鶴橋商店街 振興組合」の文字が見えた(このあと知ったのだが、通称「つるしん」)。ひょっとしたらあそこだろうか。

 さよう、この一見何の変哲もない看板こそ、恐るべき迷宮の入口なのであった。次回はアリスもビックリのワンダーランドに、いよいよ足を踏み入れることにしよう。

(つづく)

| | Comments (4)

April 24, 2017

大阪一日散歩 天満ウォーミングアップ編

Cimg2641
 JR天満駅。この日は今までほとんど利用したことのないJRで大阪までやって来た。市内の移動も、もっぱらJR。

 ぼくは大阪の土地勘ほぼゼロである。何度か訪れてはいるのだが、文字どおり西も東もわからない。迷子になって POLICE の世話になるのはいやなので、駅から遠く離れるわけにはいかないのである。

 一応ポケット版の地図を用意はしてきたのだが、方角を心得ていればこその地図である。東西南北のわかりやすい京都とはずいぶん勝手がちがい、地図を開こうという気がすぐに失せてしまった。

 当然駅の回りをウロウロしたにすぎず、なんとも情けない結果に終ってしまった。やはりこの町には長期滞在する必要がありそうだ。

Cimg2652 
 おお、ここはおもしろそうな場所だな……そう思ったけれど、まずは駅周辺をもう少し歩いて、空気になじまなくてはいけない。

Cimg2655 
 いい感じである。どこがどうとはうまく印象を表現できないが、東京とはもちろんちがう。札幌ともちがう。京都ともちがう。

Cimg2656 
 地理がわからないから、どこをどう歩いているのかまったくわからない。まさに徘徊ジジイである。

Cimg2661 
 これは天満市場内だと思うのだが……自信はまるでない。同じところを何度もぐるぐる歩いたような気がするのである。

Cimg2672 
 ここが「天五 天神橋筋商店会」とは、あとで写真を見直してわかったのである。

Cimg2674 
 道路の向こうは「天五中崎通商店街」……してみればここは、

Cimg2675 
 天神橋五丁目。これを天五と省略するからには、大阪人はかなりせっかちなのかもしれない。

Cimg2677 
 天神橋四丁目(これも写真を見直して知った)。

 この一帯はとにかく商店街だらけで、それらが狭い小路によって縦横に連絡し合っている。半日やそこらで地理を飲みこむのはとても無理と悟って、結局ほんの三十分ほどで撤退したのはわれながらくやしい思いがする。

Cimg2681 
 この日はじめて乗った大阪環状線。

 天満ではほんの足馴らしに終ったけれど、さてお次の鶴橋ではいかがあいなりまするや?

(鶴橋編につづく)

| | Comments (2)

April 22, 2017

大阪一日散歩 大阪町角アート編

Cimg2665_2 
            客寄せ猪八戒 (天満)

 3月30日。大阪は一泊のみだから、ぼくは三ヶ所に絞って散歩した。すなわち天満、鶴橋、そして京橋だが、特別な理由があって選んだわけではなく、ええかげんにエイヤッと決めたのである。

 ぼくは大阪が気に入っている。完全に自由の身であれば、一ヶ月ほど滞在して歩き回りたいくらいなのだが、なかなかそうもいかない。せめて二週間……いつかは実現させたいと願っている。

 たいていは田舎から出てきたくせに澄ました顔をしている東京人がなんといおうとも、大阪には大阪の洗練がある。東京には真似のできないセンスがある。

 そこで今回は北海道から内地(この言葉、まだ生きている)へやってきた男が瞥見した大阪の町角アートをいくつかご紹介したい。

Cimg2676 
             壁面アート (天満)

 
みごとである。壁ごと切り取って美術館に持ち込むだけの価値はあると思う。

Cimg2678 
            たばこの墓場 (天満)

 この種のアイディアは大阪人でなくとも考えつくとは思うが、たいていは実行に移さないものだ。看板もすごいけれど、店先にたばこの墓を建ててしまったところがえらい。

Cimg2721 
            尻の見本市 (鶴橋)

 これもアートの域に達している。尻が並ぶと、こんなに美しいものだとは…… ぼくはしばしみとれてしまった。

Cimg2723 
          おばちゃんの足? (鶴橋)

 この靴下(?)、まさか若いおねえさん向けのものではあるまいと思うが……これはこれで絵になっている。

Cimg2747 
           立っち呑み (鶴橋)

 ヘタウマ系アートである。配色の妙に見るべきものがある。しかもドラム缶をこのように利用するとは!

 このお店なら親子連れでも気軽に立ち寄れるのではないか。お父ちゃんはキムチをつまみながらビールを一杯、こどもはチヂミにサイダー、その間お母ちゃんは洋服の品定め……いや、ひょっとしたら、お父ちゃんは細君に逃げられたのかもしれない。

Cimg2761 
             作品 (京橋)

 激安自販機とクラブの看板とで、ひとつの意図せざる作品。どちらが欠けてもアートは成立しない。なお y2 club とは、ワイワイ・クラブと読むのだろうか?

Cimg2766 
            黄色の涙 (京橋)

 これはすごい。シュルレアリスムである。みなさんはどうか知らないが、少なくともぼくは黄色い涙を流す人物を見たことがない。

Cimg2786
            階段アート (京橋)

 美術展や写真展へ行ったことのある方ならご存じのように、たとえよほどの傑作でも、十秒ほどながめたあとに「あら、なかなかうまいわね」といってもらえれば上等であろう。たいていの場合、鑑賞時間は一枚あたり平均ほんの数秒といっていい。

 じっくり見てもらうには工夫が必要なのだ。この階段アートの場合、まず3段目「アナタはどっち派!?」から視線を下に転じ、テッチャンかハラミを選択する。

 注意すべきは、ふつう下から読みはじめ、一段目→二段目→三段目の「どっち派!?」でハッと気づき、ふたたび二段目→一段目と視線が動くことだ。つまりテッチャンとハラミは二度読まれることによって、脳裏に深く刻まれるのである。

 その次は「昭和ホルモンへ ようこそ!!!」と下から上に変り、つづいてたぶん「No ホルモン No ライフ」(ホルモンなくしてなんの人生ぞ)だろうから、ふたたび上から下。ここも意味を考えさせられるから、人生におけるホルモンの重要性にあらためて気づかされることになる。

 ちょっと疲れたところで「あと8段でっせ」と励まされ、がんばってさらに上に登ろうとするあなたは、まちがいなく「I love ホルモン」。

 以下省略するが、実に巧みに視線を誘導するプロのわざを感じないわけにはいかない。学ぶべきことの多い階段である。あっぱれ。

Cimg2799 
            ナント! (京橋)

 1,980円に驚いたのではない。水槽中のフグが、まるで額縁の中の絵のように見えたことに感心したのである。

 なにしろ実物を使っているわけだから、これは典型的なリアリズム作品。

Cimg2811 
           存在理由 (京橋)

 BAR レーゾンデートル。もしかしたら、マスターは大学の哲学科でフランス哲学を専攻された方かもしれない。カウンターの裏には、いまや誰も読まなくなったサルトルの本あたりが無造作に置かれているのかも……

 客層もまた気になるところだ。しかしこちらは立呑み屋ではないからまだ開店前である。確かめることもできずに立ち去るしかなかった。

 アートとしてではなく、あまりにも心残りだから(笑)、本日最後の一枚として載せておいた次第。


(「天満編」につづく)

| | Comments (2)

April 21, 2017

京都足棒日記 植物編

 このたびはあまり収穫はなかったけれど、一応植物編としてまとめてみた。

0326cimg2294

  今年初めて見た桜(3月26日 洛南高校)。

 今年はソメイヨシノの開花が遅く、残念ながら満開の花見を楽しむことは出来なかった。ちょうど入学式のころにはあちこちで「サクラ サク」ことになるのだろう。

0324cimg2159 
 そのかわり市内のあちこちで見かけたのが椿である(3月24日 南区)。

0327cimg2402 
 椿にはバリエーションがあるらしく、前の写真の花とは趣が異なる(3月27日 今宮神社近く)。

 花はボトッという音とともに地面に落下する。慣れないと少々驚くかもしれない。

0327cimg2407 
 稲荷山で見た竹藪とはまるでちがい、凜然とした姿はまこと禅寺にふさわしい(3月27日 大徳寺)。

0327cimg2450 
 ユキヤナギ(3月27日 同志社大学前)。

 わが裏庭でユキヤナギが咲くのは6月の初めだから、なんと二ヶ月もの時差がある。この季節感のちがいあるがゆえに、北海道人が古典の詩歌を理解するのは困難なのである。

 花をながめただけで、とうとう同志社のキャンパスには入らなかった。あいかわらず未知の領域のままである。次回はぜひと思っているので、嫌わんと中に入れてね。

0328cimg2492 
 満開の桜のかわりといってはなんだが(笑)……ちょっとさびしいから、華やかなレンタル着物おねえさんのグループを(3月28日 八坂神社)。

 おやおや、手前右のおねえさんはキヤノンの一眼レフか。やるもんだなあ。ジジイの負けである。

 さて順番でいえば、京都神社巡り編が残っているのだが、当然のことながら、地味な内容になりそうだ。次回から数回大阪編をはさんで、最後に神頼みをすることにしよう。

| | Comments (2)

«京都足棒日記 六条通突キ抜ケ編 (2)