June 24, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月24日

 体がなまっているので、午前中一時間ほど広尾町内を散歩した。

180624_01

 まずは旧広尾駅舎をめざしたのだが、どうもおかしい。景色が変っているのである。

 旧広尾駅舎はバスターミナルとしても使われていたはずだが、別の場所にバス停があって、旅行者らしい人々がバスを待っていた。

 間もなくやって来たのは「えりも岬経由様似行き」のバス。へえ、こんな路線があったんだ。

180624_02
 景色が一変した理由はすぐにわかった。旧駅舎の解体工事中だったのである。跡地はどうなるのだろうか。

 付近をしばらくあてもなく歩いてから町の中心街へ向かう。

 それにしても朝から暑い。スーパーに逃げこんで水分を取ることにした。

 入口付近で「おはようございます。今日は暑いですねえ」などと挨拶を交わす声が聞こえる。十勝の人が暑いというのだから、まちがいなく暑い。

180624_03
 一息ついたあとは、昼食用に買ったフランスパンをぶら下げて、十勝神社へ。

 ほんとに暑い。

180624_04
 十勝神社にやって来たにはわけがある。

180624_05
 広尾町指定文化財であるこの石灯籠は、前回訪れたときはまだ半分雪に埋もれていたから、心残りだったのである。

180624_06_2

 不信心者のぼくは自分のことは決して祈らないけれど、わずかのお賽銭を上げて、世界平和と腐敗内閣退陣を祈願しておいた。ご利益疑うべからず(笑)。

 戻ろうとしたとき、もうひとつ広尾町文化財のあることに気がついた。文化財といわれなければ見落としてしまいそうな手水鉢だが、あたりの雰囲気はちょっと水木しげる風でおもしろい。

 今年散歩をしてたっぷり汗をかいたのは今日が初めてである。ここの最高気温は26.0度だけれど、釧路は19.3度だからずいぶんちがう。夏はこうでなくちゃ。

| | Comments (2)

June 23, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月23日

180623_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

 う~む、今日は役者がそろいすぎたようだ…… カメラを構えるのが遅すぎたな。われながら未熟なり。

180623_02
 本日のランチ。ビューティフルである。こういうコックさんがいれば、乗組員もハッピーにちがいない。

180623_03
 夕食はこちら。ランチよりもやや質素だが、味は上々である。

 ライスの隣は鶏の唐揚げ。右側の料理はツナ缶をアレンジしたもののようであった。見た目は今ひとつだが、こいつをライスにかけて食べると……うまい! パラパラ飯との相性抜群。コックさん、いいセンスをしている。

 まあ、たまにはこういういいこともある。どうもありがとう。

| | Comments (0)

June 22, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月22日

180622_01

 ひさしぶりのメスルーム(messroom = 飯ルーム)。船の夕食は早い。まだ17時である。

180622_02

 本日はポークと(たぶん)チンゲンサイ。

 本船のコックさんは腕がいい。野菜にかかったソースはなかなか美味。ポークは上品な塩味だったので、キッコーマンをかけていただいた。ごちそうさま。

 う~む、たべものの話は万人向けだし、今回はこの手でいこうかな(笑)。

| | Comments (0)

June 21, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 チンゲンサイと雑草と

180621_01_3

 はじめてのチンゲンサイ。低温つづきであることを考えれば、まずまずの出来だろうか。

 小松菜に比べると、極端に虫食いの穴が少ない。ありがたいといえばありがたいけれど、虫の分際でえり好みするとはけしからんじゃないか。

 今日も小雨模様で寒いけれど、そんなことにはお構いなしに雑草がのさばっている。なにしろ反知性主義植物なものだから、まるで聞き分けがない(笑)。取っても取っても取りきれないのだ。

 バカでもなんでも、敵は兵力において圧倒的に優勢である。おのれ、いまに見ておれ、といいたいところだけれど、一向に有効な作戦が思い浮かばない。う~む……

| | Comments (4)

June 19, 2018

Daily Oregraph: 宿酔の朝

 大阪の大地震には驚いた。幸い当社大阪通信員は無事であったが、この地震で死者まで出たのは、まことにお気の毒である。地震多発地帯である道東の住人としては、とても他人事ではない。

 ところで地震のあった日に呑気な記事を書いたら不謹慎だと非難された方があったらしく、これまたビックリである。この不幸な災害が発生したからといって、たとえば国際サッカー試合が中止になるわけではないのだし、日常の出来事を何気なく記事にしたからといって、地震の被害者の方々を貶めることにはならないのだから、いかにも了見が狭い。いやな世の中になったものだ。

 本当に不謹慎なのは、地震の被害を持ち出してモリカケ問題などを矮小化しようとする連中だろうと思う。別に大事件が起こったからといって、重大な犯罪が見逃されるわけはないではないか。反知性主義の特徴だな。

180619_01
 6月18日夕。気温11度。霧雨が降る肌寒い天気であった。

 橋を渡って飲み会。四人で芋焼酎一本、その後三人でウィスキー一本を空け、さらに飲んだ。

 さすがに今朝はめったにない二日酔い。午前中はボーッとしていた。いかん、いかん。

| | Comments (2)

June 16, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 寒くても夏

180616_01

 仕事のためしばらく裏庭とはごぶさたしていたが……ひさしぶりに見ると景色は一変していた。
 シャクがぐんぐん伸びている。低温がつづいているけれど、やはり夏なのである。

180616_02

 ギョウジャニンニクのつぼみがほころびはじめた。しかしこいつはどうも見た目が不気味である。満開になるのはたぶん十日後あたりであろう。

180616_03
 コンロンソウの花は地味ながらも、咲きはじめた頃とはちがって勢いがある。

180616_04

 背の高い草に埋もれそうになって咲くシコタンキンポウゲ。けっしてめずらしい花ではないが、タンポポよりはずっと格上(笑)に見える。

180616_05
 なにツツジかは不明だが、貴重な彩り。

 小松菜と水菜の葉っぱがばかでかくなっていたのには驚いた。チンゲンサイの収穫はもう少し先のようだ。白カブはそろそろ葉を食用にできそうな案配。

 それにしても夏なんだからもう少し気温が上がってほしい……というのは贅沢な望みか?

| | Comments (0)

June 14, 2018

Daily Oregraph: デッキでスマホ

180614_01

 いつの間にかそんな時代になった。一昔前には想像もできなかったけれど……

180614_02
 さて昨日ご紹介した不思議な物体だが……

 -これ、ラット・ガードかい?

 -(なぜそんなことを聞くのかという顔で)もちろん。

 -だってこのタイプは初めて見たからさ。ふつうは丸いじゃないか。

 -自分たちで作ったんだよ。

 なるほどあり合わせの鉄板を加工した自作品であったか。

 -これだとネズミが通り抜けるんじゃないか?

 -いや、それはだいじょうぶ。

 その点にはやや疑問が残るけれど、本日見たらバリエーションが登場していたから、モダンアート作品のつもりでご鑑賞いただきたい。

| | Comments (0)

«Daily Oregraph: アルプスの船