December 07, 2016

Daily Oregraph: 驚きの炭鉱展示館

161206_01
 昨日(12月6日)桜ヶ岡の炭鉱展示館を見学してきた。ごらんのとおりこじんまりした建物だから、一見あまり期待できそうにないようだが……どうして、どうして、開けてビックリ、相当の資金を投入したにちがいない立派な施設なのである。

 係の方が常時受付にいらっしゃるわけではないから、あらかじめ予約しておいたほうがいい。

 電話・FAX: 0154-91-5117
 開館時間 : 平日・日曜の10:00~16:00
 定 休 日 :  毎週水曜日
 入 館 料  : 大人 300円・こども 200円

 この日は係の方がつきっきりで懇切丁寧な解説をしてくださった(どうもありがとうございます)。
 

 写真撮影の許可をいただいたので、内部をざっとご紹介したい。 

161206_02 
 入口にでんと置かれた巨大な石炭塊(日本一のサイズだという)を横目に中へ入ると、太平洋炭砿の歴史に関する資料や各種石炭の見本をはじめ、さまざまのものが展示されている。

161206_03 
 神社マニア(?)のぼくが目をつけたのはこのコーナー。いまは姿を消した神社の額や行事の記念写真が飾られている。

 右上の額は写真では読みにくいが、興津坑神社のものである。関係者の方々の並々ならぬ愛着が感じられた。

 さて一通りご説明をうかがってから、いよいよ地階の模擬坑道へ。 

161206_04 
 あっと驚くこと請合いである。よくもまあ、これほどの施設を作り上げたものだと感心する。

 まずは坑内電気機関車。これこそ鉄道マニア垂涎の的であろう(笑)。 

161206_04b 
 これが運転席。Toshiba のマークが見える。

 鉄道マニアでなくとも、男ならたいていカッコいいと思うはずだ。これを見物できるだけでも入館する価値はあるけれど、やはり目玉は坑道の掘進機だろう。 

 間近で見ると大きすぎてわかりにくいから、一階展示室にある模型を見ると、

161206_05 
こちらのほうが理解しやすいと思う。 

 コンティニュアスマイナー(連続式掘進機とでもいえばいいのか)でガリガリ掘った石炭や岩石を運んで、後方のベルトホッパーとの間を行ったり来たりするのがシャトルカー。

161206_06 
 米国製コンティニュアスマイナーの運転席。

 ひしゃげた鉄板のような座席にご注目いただきたい。おそらく座り心地は最悪のはずで、実用一点張り。アメリカ人のセンスのよさ(?)には呆れるが、展示されているのはもちろん旧型だから、新型では改善されているのかもしれない(?)。

161206_07 
 これがマイナーの先端。いい面構えである。

161206_08 
 こちらはシャトルカーの運転席。

 鉄板を曲げただけの座席がやはり米国のセンスか? 二つ向かい合っているのは、往復で進行方向が変るからで、男女の見合い用ではない。 

 さてコンティニュアスマイナーとシャトルカーのコンビも目玉にはちがいないのだが、実はSD採炭切羽方式(自走枠とドラムカッターのコンビ)というのが真打ちで、その現物もここに展示されている。

 ここにその写真を掲載しないのにはワケがある。写真を見てもすぐには理屈を飲み込みにくいのだ。図解が必要だろうと思う。展示館で専門家に説明していただくことをおすすめしたい。

 -まあ、おじいちゃん、説明していただいたんでしょう? 聞かせてよ。

 -それがうまく説明し切れたら、炭鉱の技師が勤まるわい。ではちょっとだけだぞ。

 -そうこなくちゃ。

 -え~、ここに虎屋の羊羹があるな。それはそれは大きい四角の塊だと思ってほしい。

 -?

 -それを一箇所だけかじるのではなく、ひとつの面を端から端まで一定の幅ずつ食おうという寸法だ。ある幅だけ食い進んだら、前進してまた一定の幅を食うのさ。つまり点で食わずに面で食う。これを面食いというな。

 -なんだか、わかったような、わからないような……

 だから展示館へ行くことをおすすめしているのである(笑)。

| | Comments (4)

December 06, 2016

Daily Oregraph: 夜橋を渡る

161205_01
 昨夜のこと……

 鞭声粛々夜橋を渡って合戦に赴くわけではなく、出席者五名の忘年会に向う。気温3度だから、そう寒くはない。

161205_02 
 ブログのネタがないと困るから、生ガキを一枚だけ証拠写真として撮り、あとはカメラをしまってひたすら芋焼酎を飲みつつ、みなさまと歓談。例によって仕事の話から駄洒落まで。

161205_03 
 では来年もよろしく(ほんとにそう願いたい)と散会したあと、三人で二次会。ひさびさの赤ちょうちん横丁である。

 某店でにぎやかなおしゃべりを楽しんで帰り際、路上にうずくまって動けぬ酔っ払いのおじさんを介抱し、やっとのことで住所を聞き出して、タクシーに乗せるという騒動があった。

 情けは人のためならず、いや、明日はわが身(笑)、これからの季節、うっかり道路脇に倒れて寝込んでしまえば死が待っている。そのときはどうかお見捨てなく。

| | Comments (2)

December 04, 2016

Daily Oregraph: 橋を渡って

161204_01
 一夜にして悟りを開くのはお釈迦さまくらいなもので、凡人はいくら反省したってたいして変化があるものではない。せいぜい散歩のコースを変えるのが関の山である。

 ひさしぶりに幣舞橋を歩いて渡ると……おお、このカモメをごらんあれ。釧路のカモメがでかいことは以前にもお話ししたけれど、実際おねえさんの顔よりも大きいのである。

 でかいのは図体だけではなく、ときどき脱糞して芸術作品を汚すこともあるのだから態度もまたでかい。困ったやつである。

161204_02 
 うわさには聞いていたけれど、旧くしろデパートが取り壊されて、景色は一変していた。

020427n08 
 方向は逆だが、この写真は2002年4月27日に撮影したもの。この一ブロックがそっくり消滅したのである。これからどうなるのか注目したい。

 なお写真右手、丘の上に見える白い塔は、たしか釧路気象台の施設だったと思うが、気象台も今は合同庁舎に移転している。14年も立てばずいぶん変るものだ。

161204_03 
 このあとは歓楽街のあたりを行ったり来たり、でたらめなコースで歩き回った。それはそれでおもしろいのだが、人影の少ないのはちょっとさびしい。大都会の雑踏が恋しくなるのはこういうときである。

161204_04 
 知らぬ間にこんなお店ができていた。入口の上にでんと飾られているブタがおもしろい。

 横文字で Porker というお店なのだが、食用に太らせた若いブタ、あるいは一般に食用ブタのことをいう。で、そのブタの顔がポーカー・フェイス……これはウソだから信用しないように。

161204_05 
 全国的に定員に満たない私立大学が増えているらしいけれど、こちらの大学は健在であった。

161204_06 
 この一角はほとんど変っていなかった。何度来ても、ついみとれてしまう(笑)。

 こういう景色にモダニズムを感じるぼくは、センスが半世紀以上ずれているのかもしれない。

161204_07 
 ほかにもいくつか写真を撮ったのだが、軽蔑されそうだから(笑)割愛するとして、しめくくりはいつものマネキンのおねえさん。

 おねえさんの服装に季節感がよく表れているので、町にくるたびに拝見しているのだ。ちゃんと冬支度をしているので一安心(それにつけても気の毒なのは、幣舞橋の裸体像である)。

 ……とまあ、こんな呑気な駄文を書いていると、おまえちっとも改心していないじゃないか、とお叱りを受けそうだが、けっしてそうではない。

 ある別の作業(いずれふれるつもりだが)と並行して、少しずつ読んでいる『怒りの葡萄』もやっとエンジンがかかりはじめ、今日はちょいとはかどった。

 日銀の短観ではないが、ぼくの錆びついた頭脳もゆるやかな回復基調にあるのだ……てなことをいうと、ますます信用されないか(笑)。

| | Comments (2)

December 03, 2016

Daily Oregraph: 反省の月

161203_01
 海がギラギラ光っている。どれほどの明るさか知らないが、とても写真にはうまく収りそうにない。

 12月に入って今日で三日。初日は一日中雨、二日目は強風が吹き荒れて、とても散歩どころではなかった。

 三日目の今日、やっと風もおさまったようだし、それ! という勢いでいつものコースを歩きはじめたのだが、海岸沿いの線路脇にはまだ少々強い風が吹いていた。気温が高めだからよかったものの、そうでなければさっさと撤退していただろう。

161203_02 
 おや、なんたること! 数日前はピカピカ光っていた左の線路が、雨と潮風のせいであろうか、もうすっかり錆びているではないか。

 レールにしてこうなんだから、二三日も学問を怠れば、人間の頭が錆びつくのはあたりまえだ。

 12月は反省の月でもある。そうではない、おれはこの一年間奮闘努力してきたから悔いはないぞ、という幸福な人も広い世間にはいるにはちがいないけれど、少なくとも凡人にとってはそうだ。

 いかん、これではいかん。レールはピカールで磨けばたちまち輝きを取り戻すが、人間はそうはいかない。深刻に反省する必要がある。

 さっそくウィスキーを飲みつつ今後の方針について考えることにしたから(笑)、明日からはきっとぼくも生まれ変わるにちがいない。いまに見ておれ。

 それで思い出したのが、例の「精神一到何事不成」……これを昔ぼくのいとこは、「精神一到何事も成らず」と読み下した(笑)。もちろんそれは冗談なのだが、ウィスキーがだんだん回ってくると、なんとなく正解に思えてくるからふしぎである。

 まあ、精神一到なんて一種の狂信的ないやらしさもあるし、こうしておのれの無学ぶりを反省するだけでも立派じゃないか……ということにしておこう。

| | Comments (2)

November 30, 2016

Daily Oregraph: 玉磨かざれば

161130_01
 ほとんど無風である。海面はどこかの湖のようだし、ぼんやりした空との境目は曖昧模糊として、まことに頼りない景色であった。

161130_02 
 石炭列車のレールはピカピカ……なのだが、この光線状態では輝きを失い、まるで冴えが見られない。

161130_03 
 -どうだ、こうして使われていないレールと比較すれば、ピカピカ度の差がよくわかるじゃろう。

 -あ、ほんとですね。さすがは先生。

 -左がわしの頭脳、右が薄氷堂君の脳味噌。まあ、そのくらいのちがいはあるな。

 -ちぇっ、ぼくだって磨けば光りますとも。第一比較のたとえが気に入りませんね。左がプーチン、右が某首相、というんだったら納得できますけど。

 -ハハハ、君にしても某首相にしても、時すでに遅しじゃて。いまさら磨いたところで、ムダ、ムダ。メッキの剥げるのがオチじゃから、おやめなされ。

 大本営下請け発表支持率ウソ60%の某首相といっしょにされてはたまったものではないが、ぼくの先生の頭は、毎日ピカールで磨いているだけに、一万燭光の電球くらいのまばゆい光を放っている。

 とまあ、そんなバカなことを考えながら散歩しているんだから、当分ぼくの頭は光りそうにない。

| | Comments (6)

November 27, 2016

Daily Oregraph: 雪道を走って

161127_01
 昨夕仕事を終え、一夜明けて外を見れば雪が積もっていた。

 大雪でなかったのは幸いだが、雪道は雪道である。ふだんよりもずっとスピードを抑えて車を走らせた。これくらいの積雪でも、山道のカーブはひやりとさせられる。

 写真は十勝の紋別川。殺風景な木立も雪化粧すればそれなりに美しく、途中何度か写真を撮りたい場所もあったけれど、車を停めるのが面倒だからやめにした。

 まだ11月だというのに冬本番、いやだねえ。

| | Comments (4)

November 25, 2016

Daily Oregraph: なんのふしぎもなけれども

161125_01
 雲がいろんなかたちに見えるのは、なんのふしぎもなけれども、十勝の青空にだれかが達筆でいたずら書きしたらしい。

 読めそうで読めないけれど、最後の一文字は「比」、またはアルファベットなら二文字で「tt」というところか。古代の人はこうした偶然に神の意志を感じたのだろう。

 え、あなたもお感じになりましたか? 今どきのお方ではありませんね(笑)。

161125_02 
 北海道ではキタキツネはユビキタスな存在だから、港に出没したって、それこそなんのふしぎもなけれども、この寒さの中でみかけると、ひときわ哀れを誘うものだ。

 どうやら乗組員が昼間こいつに食パンを与えたので、ひょっとしたら……と期待してやってきたらしい。親切のつもりだったのだろうが、ずいぶん罪なことをしたものだ。

 惻隠の情なきは人に非ざるなり(だったか?)とはいえ、野生動物にエサを与えるのは御法度である(春採湖には野鳥にエサをやるな、という看板が立っている)。

 みなさまから石を投げつけられるのを覚悟でいうと(笑)、タンチョウヅルの給餌だって問題だと思う。あれを美談に仕立て上げるのは、ダブルスタンダードの典型ではないだろうか。

 寒さに震えながら、そんなつまらぬことを考えた。とにかく寒い。とても11月とは思えないほどである。

| | Comments (4)

«Daily Oregraph: 十勝港夕景