September 16, 2021

Daily Oregraph: さいはて哀歌

 本日の最高気温は18.2度。晴れ。夕方の散歩は少々肌寒かった。

210916_01
 ずいぶん日が短くなってきた。17時24分。ここはさいはてのバス停(笑)である。いや、決しておおげさではなく、この先は海あるのみ。くしろバス「たくぼく循環線」の終点にふさわしく、石川啄木の歌碑もある。

 もともと出不精なところへコロナ禍に見舞われたものだから、ますます外出の機会が減ってしまった。通院や買物に出る以外は、たまに近所をウロウロ散歩するくらいである。もちろん旅行など遠い記憶になってしまった。

 そして……もうじき冬が来る!

| | Comments (2)

September 13, 2021

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾノコンギク

 本日の最高気温は21.5度。晴れたり曇ったり。温根内へ行くつもりだったけれど、風があまりにも強いので断念した。

210913_01
 これはエゾノコンギク(だろうと思う)。漢字で書けば「蝦夷野紺菊」なのだが、ぼくはなぜか最初「蝦夷残ん菊」だと思いこんでいた。夏が終って咲くから「残りの菊」だと考えたのである。今の時期ほかに見るべき花はないから、まさに残りものといえないこともない。

 畑には水菜が少し残っているだけ。毎年のことだが、エゾヤマザクラの落葉が一面に散らばっていた。拾っても拾っても拾い切れない……これも毎年のことである。

 落葉を拾うついでに少し草むしりをしたけれど、今年はこれが最後になるかもしれない。早くも一年が終ったような気分である。いやだねえ。

| | Comments (2)

September 10, 2021

Daily Oregraph: ナナカマドの実

 本日の最高気温は22.5度。曇り。

210910_01
 わが家のナナカマドは年によって実の付き方が極端にちがう。今年は不作である。しかもまだ熟していない。この時期は蚊が多いから、たった写真一枚撮る間に手首を食われてしまった。

 ナナカマドなんてどうせ苦くて食えない実なんだからどうでもよかろうとおっしゃるかも知れないけれど、これから真っ赤に熟したのが満艦飾になると、なんだか無性にうれしくなるものだ。

 景気はよくならない実はならないでは話にならない。なにかいいニュースはないだろうか。え、自民党総裁選? ダメだよ、そんなの。あの顔ぶれを見たら食欲が減退しちまうから、ナナカマドの実ほどの値打ちもないよ。

 待てよ、温根内のゴキヅル見物なんてのはどうだろう。最近家にこもりがちだし、思い切って近日中に行ってみようかな。

| | Comments (0)

September 06, 2021

Daily Oregraph: 荒れ地のオニアザミ

 本日の最高気温は19.4度。晴れたり曇ったり。まずは適温である。

210906_01
 ひさびさに弥生中学校跡地へ来てみたら、かなりの部分が雑草に覆われており、いつの間にか過ぎ去った月日を感じさせる。

210906_02
 見るべきものはたいしてなかったけれど、紅一点、これはアメリカオニアザミにちがいない。盛りを過ぎているからだろうか、かえってポツリと咲く赤い花が目立っていた。それにしても恐ろしく鋭いトゲである。

 アザミはスコットランドの紋章である(イングランドはバラ)。行ったことがないから勝手に想像するしかないけれど(笑)、荒れ地に咲くアザミはスコットランドにふさわしいのだろう。

 アザミはなぜか春の季語である。「その多くは夏秋の候に開花する」と歳時記にあるにもかかわらずだ。

  ふれてみしあざみの花のやさしさよ  星野立子

 星野さんが触れたのは、まさかトゲトゲのオニアザミではないだろうな。

| | Comments (2)

September 03, 2021

Daily Oregraph: 謎の鳥

 本日の最高気温は20.4度。晴れたり曇ったり。

210903_01
 ひさしぶりに東港の北埠頭~中央埠頭を歩いてみた。スガーリン閣下突然の退陣表明らしいけれど、自民党がどうなろうと、釣人にはそんなの関係ない(笑)。

210903_02 
 中央埠頭に接岸していた漁船の舳先に舞うこの鳶(?)はいったいなんだろうか。初めて目にするものである。カモメよけのまじない? 縁起物? わからん。

| | Comments (0)

September 01, 2021

Daily Oregraph: とうとう九月

 本日の最高気温は22.0度。晴れのち曇り。午後から曇らなければもうすこし気温が上がっただろう。

210901_01
 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。朝はこんなに天気がよかったのである。

 さてとうとう九月になったが、相も変らず冴えないニュースばかりでいやになる。明かりが見えはじめていると言い張るのは視野狭窄のスガーリン氏ただ一人というありさまで、(カンでものをいうのは非科学的で申し訳ないが)コロナ禍の収まるまでにはあと数年かかりそうな気がする。

 余命いくばくもないジジイはともかく、いつまでもジッと大人しくしていろなんて、若者にとっては冗談じゃないよね。で、その数年という期間を少しでも短縮できるかどうかは、ひとえに政権交代にかかっているとぼくは思う。

 悪代官をバッサリ斬り捨てる座頭市や桃太郎侍が現実には存在しない以上(笑)、ぼくたちとしては当面投票所へ行って権利を行使するしかない。金満家の一票も貧乏人の一票も価値は同じなんだから、投票率さえ上がれば圧倒的に数の多い貧乏人のほうが有利なことはわかりきった道理である。

 もちろん政権交代したとしても事態がいっぺんに好転する保証はないけれど、落ち目の三度笠ともいうべき日本国がこのまま転落の一途をたどるのを座視するよりは明らかにマシだろうから、この秋もジジイは重い腰を上げて投票所へ行くつもりだ。若者にも決してあきらめることなく一票を投じていただきたいと願っている。

| | Comments (2)

August 29, 2021

Daily Oregraph: 相生坂下のミヤマニガウリ

 本日の最高気温は26.5度。晴れ。少し風があったので過ごしやすかった。

210829_01
 相生坂(西側)下のミヤマニガウリ。今年もめでたく花が撮れた。ごく小さな花だから、気づかずに通り過ぎる人も多いだろう。

 これは両性花で、別に雄花もあるらしいが、ぼくは見たことがない。牧野先生の図鑑には「日本では北海道、本州、九州の深山にはえる」とあるけれど、こちらは気温が低いから、ごらんのとおり平地で見ることができる。

 釧路市内では春採湖畔が大繁殖地であり、長らくほかでは目にしたことがなかったので、数年前にここにあることを発見したときは驚いた。いったいどうしてここに? めずらしいから天然記念物に指定してもいいくらいだと思う(笑)。

| | Comments (0)

«Daily Oregraph: 裏庭画報 キツリフネ